結婚指輪

婚約指輪の風習はローマの古い時代からあるとされ、初め鉄製であったのが2世紀ごろから金製になったと言われています。そして、5世紀頃から結婚指輪をする習慣が生じ、11世紀頃からは教会の結婚儀式に組み入れらました。日本の風習では、婚約指輪はダイヤモンドか誕生石、結婚指輪は飾りの無い金製の甲丸型が多いようです。結婚した夫婦が1つずつ左手の薬指にはめるのが一般的です。左手の薬指にはめる指輪の意味は「心に誓いを立てるとき。精神を高め、能力をアップさせる。」とされています。国や宗教によっては右手の薬指にはめる事もあります。昭和40年頃まで日本ではポピュラーでは無かった習慣です。一昔前は、結婚指輪は仲人、母親と男性とが同行して、予算を優先して購入するというスタイルが普通でした。しかし、近年の結婚指輪を選ぶスタイルとしては、結婚する二人の間で決められるのが殆どで、結婚指輪以外でも二人で進めていく事が主流になっているようです。

結婚指輪は、歴史があり、日本でも年々新しいデザインが増えていき、結婚指輪の選択肢も多くなってきました。婚約指輪は、婚約後から着ける事ができ、結婚式の日までつける事ができます。対して結婚指輪は結婚式の日から身につける事ができます。結婚指輪は結婚後、普段から身に着けることになりますので、ライフスタイルを考えながら選ばないとなりません。

現在、結婚指輪はティファニーカルティエブルガリ、ハリー ウィンストンなどのブランドが人気を集めています。


あなたにピッタリな結婚指輪

結婚指輪は一生に一度の宝物です。ずーっと見につけていられる、そんな結婚指輪を見つけたいですよね。結婚指輪のデザインや、種類はとてもたくさんあります。その中から、自分の指に合った結婚指輪を選ぶこともポイントのひとつに入れましょう。

■長い指に似合う結婚指輪
幅の広いリングや、指を美しく見せるシンプルな指輪がおすすめです。

■細い指に似合う結婚指輪
細身でデザイン性のある指輪や、モチーフリングがおすすめです。

■太い指に似合う結婚指輪
指の太さを感じさせないためには、ボリュームのある指輪やS字・U字のデザインがおすすめです。

■短い指に似合う結婚指輪
縦のラインを強調するデザイン、V字やU字、ゴールドとのコンビタイプがおすすめです。

結婚指輪の入手方法

結婚指輪を手にするにはいろいろなパターンがあります。
■レディメイド
既製品のことです。実際に指輪をはめて見て購入できるので安心感があります。サイズ調整や取り寄せが必要な場合もあるので、2ヶ月前にはお店で相談をすることをお勧めします。
■セミオーダー
エンゲージを購入する際、石(ダイヤなど)と枠を別々に選んで組み合わせるシステムのこと。石の大きさや品質にこだわりたい人におすすめで、最近利用する人が増えています。
■フルオーダー
オーダーメイドのこと。すべてオリジナルでデザイン画から始まるため時間はかかりますが、満足度も大きいです。婚約指輪も結婚指輪も、世界中でふたりだけの指輪が出来上がります。
■リフォーム
親から譲り受けたものなど、手持ちの指輪を違うデザインのものに作り替えること。リフォームでの作製工程やスケジュールはフルオーダーの場合とほぼ同じです。

結婚指輪はただのアクセサリーとは違います。これからの人生をこの指輪と共にしていきます。一生モノだけに、指輪選びは絶対に後悔しないよう、あなたの手にピッタリな結婚指輪を選びましょう。

ティファニー/ルシダ ダイヤモンド リング

ティファニールシダ ダイアモンド リング
シンプルながらも上品で優美な輝きをはなっているティファニーの婚約(エンゲージ)指輪ルシダ ダイヤモンド リング。結婚(マリッジ)指輪とあわせると、いっそう美しさが引き立ちます。デザインの美しさや洗練された素材の素晴らしさで世界中の女性をとりこにしているティファニー【TIFFANY】は、165年以上にわたり二人の永遠の愛の誓いにふさわしいデザインを提供し続けています。

ティファニー ルシダ ダイヤモンドリング
素材:プラチナ、ダイヤモンド

人気の結婚指輪

結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドは、婚約指輪(エンゲージリング)同様、カルティエ、ティファニー、ブルガリです。                           
■カルティエ
エンゲーメントリングの台座にプラチナを採用したのがカルティエでした。上質な宝石と、その宝石の美しさを最大限に引出しているのが、世界中の女性の心をつかんでいます。
■ティファニー
時代を超えて愛されているのがティファニーです。洗練されたデザインは女性の人気の的です。
■ブルガリ
時代の先をゆく、斬新なデザインで定評のあるイタリアの名門ブランドです。個性的で、自分らしさにこだわる女性におススメです。
                             
結婚指輪(マリッジリング)は日頃から常に身に着けるものですので、飽きのこないシンプルなデザインが選ばれています。しかし毎日つけるものだから存在感のあるものを身に付けたいと、女性でダイヤモンドをあしらったデザインを購入する人が多くなりました。最近では男性でも増えてきています。また女性の場合ですと、せっかくの婚約指輪を特別な日にだけつけるのはもったいないと、結婚指輪(マリッジリング)重ねてつけできるトータルバランスを考慮したデザインのセットリングも人気があり、おススメです。

結婚指輪スケジュール

結婚指輪を選ぶ

サイズを計る

販売店がメーカーに発注

メーカーで在庫確認を確認しあれば発送

販売店に商品着

サイズを確認

メーカーで刻印を入れ他のオプション加工

メーカーより販売店に発送

お客様にお渡し

通常ファッションリングなどを購入した場合は、サイズが合わない時にサイズ直しをしますが、結婚指輪は、基本的にサイズ直しをしません。確認して在庫があれば通常10日程度で手元に届きますが、在庫が無くなっていた場合、新たに作成します。ブランドによっては日数が異なりますが、長くかかるブランドで約1ヶ月半の日数が必要となります。サイズを計る時に指にむくみがある場合なども考慮しての期間も必要です。先ほどの2倍の日数を確保しておかないと最悪の場合、希望のデザインでサイズフィットした結婚指輪が、大切な日に間に合わなくなる可能性がありす。余裕を持って指輪を選びましょう。ただし、あまり早すぎると指のサイズが結婚式までに変わるなんてことがあるかもしれませんので気をつけましょう。

ティファニー/ナイフエッジウェディングバンドリング

結婚指輪ティファニー

デザインの美しさや洗練された素材の素晴らしさで世界中の女性をとりこにしているティファニー【TIFFANY】は、165年以上にわたり二人の永遠の愛の誓いにふさわしいデザインを提供し続けています。ティファニーの洗練されたデザインのナイフエッジウェディングバンドリングはシンプルでシャープなシルエットで、結婚指輪やペアリングとして人気があります。

ナイフエッジウェディングバンドリング
素材:Pt900(プラチナ)

結婚指輪の素材

■プラチナ
結婚指輪で1番の人気です。なぜ結婚指輪(マリッジリング)にプラチナが人気なのかといいますと、プラチナ(PLATINUM、元素記号Pt、和名=白金)という金属が持つ特徴にあります。
プラチナは白金と呼ばれ、加工性に優れ、永久的に汗などで変色したり錆びることがありません。また肌にも優しいのでアレルギー反応を起こしにくい金属でもあります。
永遠の愛を誓うという意味を持つ結婚指輪(マリッジリング)にぴったり当てはまる為に、プラチナが結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)の素材として最も人気となっているのです。
■ホワイトゴールド
プラチナに次いで人気が高く、優しい色合いが特徴です。ゴールドなのに白いのは、合金の際に加えるパラジウムなどの割合によって色が変化するという特徴を生かしたため。強度や耐久性があり、柔軟性にも富んでいるため、さまざまなデザインが可能です
■イエローゴールド
欧米では結婚指輪といえば、イエローゴールドが主流です。腐食しにくく、輝きが失われないことが特徴。その不変性が人間を悪魔から守るとされ、やがてはネックレスやリングになりました。
■ピンクゴールド
金とは思えないかわいいピンクの色合いを持つ素材です。女性に大人気なのですが、このピンクゴールドは、実は非常に加工が困難な地金なので、高い技術力を持つ職人でなければ作れません。

プラチナはゴールドなどに比べ産出量が少なく、希少価値の高い金属です。他の金属に比べるとお値段は高くなりますが、結婚指輪は一生の愛を誓う証。一生大切にできる結婚指輪を見つけてください。

結婚指輪の歴史

結婚指輪が交換されるようになったのは10世紀頃です。
キリスト教が、結婚式で指輪の交換を認めたことにより世界に広がったようです。
この頃は、現在のように愛情の深さを表すものでは無く、結婚の契約を交わす意味合いが強かったようです。
その後、歴史の流れの中で強さの象徴が鉄からゴールド(金)となり、石が付けられたリングへと変化していきます。その石も当初はルビー等が中心でした。

19世紀に入ると、結婚指輪も婚約指輪もゴールドからシルバーが中心となっていきます。結婚の神聖さが教会で重要視されたためで、ドレスの色も白が中心となりました。
その後、ヨーロッパやアメリカで、プラチナがジュエリーに使われるようになると、変色するシルバーから、永久に純白が保てるプラチナがブライダルリングの最高の素材として選ばれるようになります。

現在のようにダイヤモンドとプラチナが使われるようになったのは、20世紀初めのアメリカからです。その後、ヨーロッパへ広がり世界へ伝わっていきました

カルティエ/ラブリング

結婚指輪カルティエ_ラブリング

カルティエが世界中の恋人達のために創ったといわれる、伝統的なビスモチーフのラブリングです。ビスをモチーフにしているデザインはカルティエならではです。愛の絆として結婚指輪やペアリングとして選ぶカップルも多く人気です。購入際はひとつ大きめサイズを選ぶとよいでしょう。革紐やチェーンに通してネックレスとして使うのもアイデアです。

ラブリングホワイトゴールド ビスモチーフ B4022
素材:ホワイトゴールド

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。